スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「動物看護師たちのメンタルヘルス」セミナーご報告

2014/10/06 (月)  カテゴリー/お知らせ

久しぶりに台風が関東を直撃し、大雨が降りました。
今日お仕事に行かれている方は、朝大変だったと思います。
朝は肌寒かったのに、台風が去ったとたんに蒸し暑くなりました。
ここ最近気温差が大きいので、体調管理が大変ですね。
皆様風邪などひかぬよう、お気を付けください。

さて、9月21日に新セミナー「動物看護師たちのメンタルヘルス」を
江東区産業会館で行いました。
丸1日の長いセミナーでしたが、参加者の皆さんお疲れ様でした。

KIMG0565_convert_20141006161131.jpg


皆さんそれぞれ、
・ご自身の今抱えていらっしゃるストレスの確認、
・仕事をする上で、ストレスにつながりやすいビリーフ探しに
真摯に取り組んでいただきました。

KIMG0567_convert_20141006161315.jpg

また、
・ストレス軽減につながるコミュニケーション法としての
 アサーション、
・動物病院特有のストレッサーである、安楽死を含めた
 看取りについて
のワークでも、活発にディスカッションしていただきました。

1412579118568_convert_20141006161011.jpg


セミナー内で、いくつかのセルフケアのご提案をさせていただきましたが、
参加者の方々が、同じような立場の方に、ご自身の話をし
共感的に聞いてもらうというのが、とても大きなストレスケアになると
考えています。

参加者の方から頂いた感想をご紹介します。

●動物看護師のストレスにクローズアップした内容だったのですが、
動物看護師に限らず、自分にとても大切な内容だったと思います。
自己分析により、自分について見直すことも出来て、今後に活かしていきたいと思います。
特に、“アサーション”身につけたいと思いました。(A.I.)

●安楽死について、自分の考えをまとめて人に話したり、人の意見を聞くことがなかったので、
自分の考えがまとまったり、色々な意見を聞くことができ、考え方の幅が広がりました。
また、職場のストレスもなんとなく嫌とか、イライラするとか、
具体的に何がストレスの原因かわかっていなかったことも、
今回のセミナーで発見できたので、ストレスをたまらないような対処法をみつけたいと思います。
こんなに飼い主さんとのコミュニケーションに悩んでいるとは、
自分でも思っていなかったです。(動物看護師)

●自己分析と話し合う機会を持つことは大事で、今後の仕事に役立てることができると思いました。
意見を交換することは必要であると思います。(Y.F. 動物看護師)


仕事の内容や量の多さ、職場の複雑な人間関係はもちろんのこと、
飼い主さんへの多様かつ柔軟な対応も求めらる動物看護師さん。
くわえて、動物の死に直面することで抱える心理的負担や、ペットを亡くした飼い主さんの悲しみへの対応など、 
ストレス要因の多いお仕事だと思いますが、 
少しでも職場で生き生きとお仕事ができるよう、これからもお役に立てるよう
セミナーなどで発信していきたいと思います。




動物看護師さんのためのストレスケアセミナーやります

2014/08/01 (金)  カテゴリー/お知らせ

今年は冷夏と聞いていた気がするのですが、
梅雨明けから猛暑が続いていますね。
夏風邪など、体調崩される方も多いようなので
皆様ご自愛ください。

さて、HAAC-Eでは、新セミナー
「動物看護師たちのメンタルヘルス」という、
動物看護師さんのためのストレスケアセミナーを
9月21日(日)に開催することとなりました。

動物看護師さんは、獣医師と患者さんとの間に立つことが
多く、その橋渡し役として、細やかな配慮が要求されます。
加えて動物の死に直面する機会があること、
ペットを亡くした飼い主さんの悲しみへの対応など、
動物医療特有の事柄が、心理的な負担になることがあります。

そんな動物看護師の方がセルフケアしていただくことで、
いきいきと仕事をしてほしいという思いから
このセミナーを企画いたしました。

詳細、お申し込みはコチラ↓になります。
http://haac-edu.good.cx/haacedu-seminar-20140921.html

動物看護師統一認定機構ポイントセミナー(40ポイント)になります。
ご興味ある方は、ぜひぜひご参加ください。

セミナーレポート

2014/07/28 (月)  カテゴリー/お知らせ

2014年7月21日(祝・月)に、HAACセミナーが開催されました。
テーマは「ペットロスの軽減するためのご家族への対応」、
「動物看護師に期待されるご家族のメンタルケア」の2つです。

セミナー1

セミナー2

どちらにも大変意識の高い方々が参加してくださり、
ワークなども真剣に取り組んでいる姿が印象的でした。
特にディスカッションでは、皆さんの動物への愛情や、
飼い主さんへの責任感や使命感などを逆にあらためて
おしえていただいた気がします。

今回様々な立場の方にご参加いただきましたが、
動物を愛する飼い主さんに寄り添える関わり方のヒントを持ち帰っていただき、
実際に何かお役に立てればこれほど嬉しいことはありません。
今後もペットのシニア期やターミナル期のサポートをテーマに、
継続してセミナーを開催していきますので、どうぞHAACをよろしくお願い致します。

以下ご参加いただいた方の感想です。一部ご紹介いたします。

■聴くことの大切さ、言葉の重み、コミュニケーションの取り方が、
とても勉強になりました。
検査や医療も発達し、病気の種類も増え、また飼い主さんたちのペットへの愛情の深さが深くなり、
飼い主さんに対しての対応が難しくなってきていたので、今後このセミナーで感じたことを思い出し、
飼い主さんに寄り添った対応ができるよう努力していきたいです。(H.H.さん)

■うなずきと目線の大事さ、質問や飼い主さんとの会話の難しさを実感しました。
総合してこれからも試行錯誤しながら学んでいきたいと思います。(K.N.さん)

■「傾聴」を意識して、オーナーさんの気持ちにもっと寄り添おうと思いました。
どうしても時間や忙しさを気にしてしまい、対応が雑になっていないか見直してみます。(H.K.さん)

■看護師として犬猫と向き合う姿勢だけでなく、家族との対応の必要性。
何においても相手の立場に立って、行動を心がけていましたが、あらためてその大切さを学びました。
「傾聴」を心に置き、向き合って仕事として寄り添えるよう頑張りたいと思います。(A.I.さん)

■こちらの対応や言葉遣い、態度で、ペットロスの軽減や飼い主さんとの
信頼関係につながることがわかりました。相手の目を見ること、表情等で、感じ方が変わり、
そのことがとても大事なことをあらためて実感しました。
私は話し合いが苦手ですけど、今回のセミナーでいろんな方と話し、いろんな考えを聞けて、
自分のためになりました。今後も飼い主さんとペットの最後に立ち会うことがあると思いますが、
今回のセミナーを役立てていけたら良いなと思います。(無記名)

■話し手、聞き手、フリー(観察者)の3つのポジションで話をするのは初めてだったので、
面白かったです。傾聴の大切さ、大変さが学べて良かったです。看護師として出来ることを、
もっと考えていきたいと思います。(無記名)

■ターミナル期の面会対応のワーク、とても参考になりました。
あらためて考えさせられることも多かったので、今後の看護等に活かせたらと思います。(無記名)

■傾聴はすぐに出来ることではないかもしれないが、意識することで改善でき、
相手の話をより深く聞くことができることを実感しました。面会時の対応は
他の場面でも必要なので、とても勉強になりました。ありがとうございました。(無記名)

☆次回セミナー開催予告。
9月21日(日)「動物看護師たちのメンタルヘルス~ケアする人こそ元気に!~」
詳しくはこちら↓

http://haac-edu.good.cx/haacedu-seminar-20140921.html

「シニア期からの犬のケア」開催しました

2014/06/27 (金)  カテゴリー/お知らせ

今年の梅雨は、雨が降る時にはどーっと降り、そうでない時には
比較的晴れているという、不思議な梅雨です。
人にとっても動物たちにとっても体調管理が難しい時期なので、
あまり無理せず、暑い夏に備えて体調を整えたいですね。

6月22日に池袋アウルスポットにて
「シニア期からの犬のケア」セミナーが開催されました。
雨降りで足元が悪い中、参加してくださった方々ありがとうございました。

今回は、動物病院でお預かり中(介護が必要な)の犬のケアについてや、
加齢による性格の変化についてなど、たくさんご質問いただき、
皆さんの関心の高さを知ることができ、とても嬉しかったです。

介護については、その犬の状態、性格、介護にかけることができる金額や
人手によって、できることが変わってきます。
飼い主さんが、どのようなことを望んでいらっしゃるのか、
病院でお預かり中にどれだけの人がどのくらい時間をかけられるのか
その制約の中でベストな方法を選ぶことになります。
そのためには、特に食事や排泄の介助方法などについて
たくさん引き出しをもっていると選択肢が増えてバリエーションが増えると
思います。
このセミナーを受けていただくことで、その引き出しがいくつかでも
増えてくだされば、幸いです。

また、眼が見えなくなる、耳が聞こえなくなる等、いままでできていたことが
できなくなると、犬も不安になります。
それで、飼い主さんにべったりくっついたり、しつけでコントロールできていた
ことができなくなったりします。
「最近この子、甘えん坊になったのよね」「いままで吠え癖がなおっていたのに
また最近よく吠えるようになったのよね」と飼い主さんがおっしゃるのを
聞いたことがあるかもしれません。
「年を取ると、そういう状態になることもあるんですよ」と飼い主さんにお伝えし、
情報として知っていただくことで、不安な気持ちが和らぐこともあります。

今回のセミナーは具体的なケア方法をお伝えするセミナーでしたが、犬にあったケアの
方法を提案するには、飼い主さんのニーズを引き出し、きちんとお伝えするというスキルが
必要になります。
7月21日(月・祝)のセミナーでは、飼い主さんが抱える不安を知り、不安を抱える飼い主さんと
どのようにコミュニケーションをとったらよいかというセミナー内容になります。
ご興味ある方は、ぜひご参加ください。

詳細、お申し込みはコチラ↓からお願いいたします。
http://haac-edu.good.cx/haacedu-seminar-201310.html



[

2014/06/27 (金)  カテゴリー/お知らせ

セミナー開催のお知らせ

2014/05/09 (金)  カテゴリー/お知らせ

ゴールデンウィークが終わり、初夏を思わせる日が
増えてきそうです。
この春は寒暖差が大きくて、例年より
体調を崩すワンちゃん、ネコちゃんが多かったような
気がします。
人間も気温差に体がついていくのが大変な日が
あるので、動物たちにとっても同じようですね。

さて、6月と7月2回にわたって、
「ペットの老齢期~ターミナル期のサポート」セミナーシリーズを
開催することになりました。
遠方から参加してくださる方もいらっしゃるので、
前回は3セミナーを1日で行いましたが、
内容が盛りだくさん過ぎて(特にワークが入るので)
少し大変だったので、今回は2日に分けて行います。

6月22日(日)には「シニア期からの犬のケア」  場所:池袋あうるすぽっと A会議室

7月21日(月・祝)には「ターミナル期のペットを介護するご家族への対応」
           「動物看護師に期待されるご家族のメンタルケア」(動物看護師のみ対象)
                        場所:江東区産業会館 第1会議室

となります。
今回も動物看護師統一認定機構 認定ポイントが付きます。

セミナー詳細、お申し込みはこちら↓よりお願いいたします。
http://haac-edu.good.cx/haacedu-seminar-201310.html

ただ今、動物看護師向けストレスケアのセミナーを準備中です。
今秋開催を予定しております。
準備ができ次第お知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。




「ペットの老齢期~ターミナル期のサポート」セミナー開催しました

2014/03/27 (木)  カテゴリー/お知らせ

ここのところの暖かさで、一気に桜が花開きそうです。
春は花粉症でつらい季節でもありますが、
色とりどりの花が咲く季節でもあり、
街の風景が華やぐので、私は好きです。

そんな中、3月21日に「ペットの老齢期~ターミナル期のサポート」セミナーが
開催されました。
この日はあまり暖かくなかった中、参加いただきました皆様
ありがとうございました。

今回初めて3つのセミナーを1日で開催いたしました。
すべてのセミナーを参加された方は、とてもお疲れだったと
思います。
HAACのセミナーでは、ワークが随所に入りますので、
ちょっと緊張されるかもしれません。
それでも、参加された方からは「楽しかった」というお声を
頂戴しています。

今回のセミナーの感想を頂戴した方のお声を
一部ご紹介させていただきます。




・普段何気なく行っていた老犬のケアや飼い主様への対応を見直す、
いいきっかけとなりました。
他に参加された方たちとの意見交換を通じて、新たな発見などもあり、
大変勉強になりました。ありがとうございました。(R.E)

・シニア期の動物の看護には不安がつきものだと思うので、
頑張っている飼い主さんをねぎらう言葉、いたわりの気持ちを大切にしたいと
思いました。
看護士の立場をもっと上手に使える言葉遣いができるようになりたいです。
よく飼い主さんと一緒に涙してしまうことがあったので、共感的理解はすごく
勉強になりました。(N.N)

・自分が経験したターミナルケアの話をする側に立つというのが、
すごく興味深く良かったです。
今までは向き合う直面するという立場だったので、
この機会で新たな面を見出せたと思います。
ワークシート実践により、動物看護師としての受け答えや、
飼い主さんが何を望むのかが形として理解できたので良かったです。
さっそく職場で活かしていきたいと思います。(Y.S)

・動物看護師としてグリーフケアを行う大切さ、どのように対応すべきかを
おしえてもらえて、とても良かったです。グリーフケアはペットを亡くした
オーナーさんのみに対応するものだと思っていたので、参加してよかったです。
面会対応の場面を用いてコミュニケーションを考えたのは初めてでした。
他のスタッフにも伝えて、参考にしてもらいたいと思います。(S.S)

・実例を具体的に紹介していただいて、わかりやすかったです。
映像があったのも良かったです。
ディスカッション形式の実践がとても勉強になりました。
これからの飼い主さんの対応に活かしていけたらと思います。(A.S.)

・傾聴トレーニングを初めて体験しました。話し手、聴き手を客観的に
観るのが新鮮でした。
言葉だけでない伝え方もあるのだと改めて実感できました。
大会場のセミナーより少人数セミナーのほうが、細かく私たちに寄り添って
いただけたセミナーだったと思います。ありがとうございました。

・グループでディスカションすることは、とても緊張しますが、
勉強にもなるとても良い機会でした。
スタッフの少ない職場で働いているため、同じ職業のかたの意見は
とても貴重で勉強になりました。
そして同時に、自分になかった意見を取り入れることで、
それを実践してみようと思いました。
自分のためにも、また参加させていただきたいと思います。
ありがとうございました。

・シニア期の犬のケアにおけるポイントをわかりやすく教えていただき、
とても勉強になりました。
歯周病に関する注意が学べたので、参考にしたいと思います。


・介護が必要になった時のケアのところで、お風呂マットでサークルを作るとか、
タオルに切り込みを入れて歩行補助ハーネスを作るなど、飼い主さんにお伝えしたら
喜ばれそうなことが具体的に知れて良かったです。


今回、本当にたくさんの方に参加していただき、感謝です。
また、遠方から参加してくださった方もいらっしゃいました。
遠くからありがとうございました。

皆様からのお声を反映して今後もこのセミナーをよりよいものに
していきたいと思います。
また、新しいセミナーも企画し、
決まり次第ホームページ、ブログにアップする予定ですので、
よろしくお願いいたします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。