スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねこの鈴の音

2008/01/26 (土)  カテゴリー/ひとりごと(Roco編)

最近めっきり減ったように思う、猫の首輪についている鈴の音。

久しぶりに〝リン、リリーン〟と軽やかな足どりを想像させる鈴の音が聴こえたので探すと・・・

白髪のおじいさんの鞄からでした(笑)
お財布にでも付いているのかな。

昔はうちの近所にも、もう少し野良猫がいたように思います。
自由にあちこち歩き回り、夜になると鈴の音と共にご帰還。
そんな話が当たり前でした。

今では、妊娠やウイルスの病気の心配、交通事故、猫同士の喧嘩、悲しい動物虐待事件・・・
こういった心配事がたくさんあるので、家の中で飼う人がだいぶ増えてきたのでしょうね。

以前勤めていた病院で、今でもよく覚えているエピソードがあります。
ごはんだけはよく食べに来る猫を、ワクチンか何かで連れてこられた飼い主さんが嬉しそうに話してくれたものです。

あるとき、そのこには真新しい首輪が巻かれていてメッセージつきのお守りが付いていました。
中身を確認すると、それは別の飼い主さんからのお手紙だったそうです。

細かくは覚えていませんが、
『世話をしてくださるもう一人の飼い主さん、ありがとう。名前は○○とつけて呼んでいます・・・』
といった内容だったと記憶しています。

他の獣医さんからも、動物病院で見覚えのある顔の猫が別の飼い主に連れてこられたという話を聞いたことがあります(笑)

結構いろんな場所に複数の飼い主(もしくは召使い?!・・・笑)がいる猫、
多いのかもしれないなぁと当時思いました。

そんな愛嬌のあるこも、今はだいぶ減ってきているのかもしれません。

野良猫の問題はいろいろありますが、
外で聴くあの鈴の音が減っていくのも、ちょっと淋しい気がします。

FC2banner






スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

この記事へのコメント

私の職場には毎日、野良猫(外飼いネコ)の苦情が頻繁に来て、困るので家飼いを勧めている。
本当に可愛いなら交通事故や病気や悪い人から守るために家で飼ってこそ愛のある飼い主だと思う。
自分のネコも家から出したことは無かった。
でも、野良猫を暖かく見守れない住民は心が淋しいなと思う。野良猫の行き交う町に住みたいと思う。

アルプス | URL | 2008/01/26 (土) 09:23

コメントありがとう

アルプスさん、コメントありがとう!
野良猫の苦情、深刻ですよね。

うんちやおしっこはし放題。
臭いは強いし、庭の草木は枯れるし…。
ピカピカにみがいた車には足跡。
大きな発情時の鳴き声。
近づけば攻撃してくるし…。

いっぱい苦情がありそうです。

猫だけではなく、色々なところで動物のすみかは限定されてきていますが、
時々思うんです。

同じ地球に住む生き物の中で、
どうして人間だけは地面(海面)に線を引いてここからは私の土地、あなたは向こうって言えるんだろうって。

あたりまえーっていう声もありそうですが、
私は地球という住む場所をみんなで共有していると思っています。

言葉も話せ、知能もある私たちがより良い共存の道を率先して実行する…
その責任があるように思います。

なんだか問題が大きくなってきましたね(笑)
すいません、私の悪いくせです。

たかが野良猫問題、されど野良猫問題!なのです・・・



Roco | URL | 2008/01/27 (日) 01:08 [編集]

コメントを書く

 
 
※非公開コメント投稿不可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。