スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知療法のセミナーに行ってきました

2009/11/20 (金)  カテゴリー/ひとりごと(もんさん編)

こんにちは、急に寒くなりましたね。

雨が降っている日も多いので、余計に寒く感じます。

でも、今までがちょっと暖かすぎたのかもしれませんね。

この寒さが今の季節では普通なのかもしれません。



皆さん朝起きた時に雨がザーザーと降っていたら

どう思いますか?



「あー、雨が降るとバスが遅れるから家を早く出なきゃ」と思う人は憂鬱な気分になり、

「こんな日はお客さんが少ないから、仕事が楽だなー」と思う人はちょっと嬉しいでしょう。

この「あー、雨が降るとバスが遅れるから家を早く出なきゃ」や

「こんな日はお客さんが少ないから、仕事が楽だなー」のように

ある出来事に対してパッと頭の中に浮かぶ考えのことを自動思考といいますが、

どのような自動思考が浮かぶかによって、感情(憂鬱、嬉しい)が左右されます。



先日、認知療法のセミナーに参加したのですが、

認知療法とは、好ましくない感情(強い怒り、罪悪感など)によって、つらい思いをしている時に、

その感情をもたらす自動思考に歪みがないかをチェックし、

歪みがあった場合、それを適切なものに修正することによって、気持ちを楽にするという技法です。

わたしたちは、出来事そのものが感情を左右するように錯覚しがちですが、

実はその出来事の受け止め方(認知)によって、感情が変わるんですね。



嬉しい、楽しい、悲しい、寂しい、不安、悔しい、憎いなどの「感情」は日常生活で

意識することは、ままあるのではないかと思いますが、

その前に頭に思い浮かぶ「自動思考」は意識しないことがほとんどです。



セミナーの中のワークで、

「電車の中で座っているとき、隣の人が熟睡してよりかかってきたら・・・」

「セミナーでの質問の時間に、とっても基本的な質問をしたいとしたら・・・」など

様々な状況設定がなされて、

その時にどう感じるか?どう考えているか?と、

感情と自動思考を出してシェアするものがありました。

面白いくらいに、感情も自動思考も人それぞれ、

そして、

自分のネガティブな自動思考の癖が浮き彫りになり、とても勉強になりました。

わたしの場合、「人に良く思われたい」というところから発せられる自動思考、

上の場合では「隣の人も疲れているんだから、寄りかかられるのいやだけど我慢しよう」

「質問をして、こんなことも分からないのかと思われたらいやだな」

が多かったです。

結果、自分の望む行動がとれなかったり、いやな気持ち(恥ずかしい、イライラする)になります。



自分の思考の癖が客観的にわかれば、それを意識的に変えることもできます。

自分がいやな気持ちになったときに、

「頭の中で、なんて言っているかな?」と意識してみると、

自分の癖がわかり、ストレスを減らす糸口になるかもしれませんね。



↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : ペット

タグ : 認知療法

この記事へのコメント

コメントを書く

 
 
※非公開コメント投稿不可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。