スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝の儀式・・・?

2009/03/12 (木)  カテゴリー/ひとりごと(ルー編)

我が家の小太郎は、朝目が覚めると、決まって甘えモードにスイッチが入ります。

ゴロゴロと機嫌良く私の顔に顔をこすりつけたり、
お腹の上にのっては前足でふみふみしたり・・・。
子猫の気持ちになって、思いっきり甘えているようです。

低血圧の私にとっても、
半覚醒状態のまま猫とまったり過ごすこの時間は、結構至福の一時だったりします。

大体20分ほど戯れている間に、私の目もぱっちりと覚めますので、
そうなればおもむろに起き出し、
「さて小太郎くん、お待ちかねの朝ご飯だよ」と気持ちよく一日がスタートするわけです。

毎朝のこの儀式、しかしながら、いつも上手く行くわけではありません。

用事が終わらず明け方近くまで寝られなかった時など、
この「朝の儀式」が困ったことになるのです。


体内時計に従って規則正しく生活している小太郎にとって、
「今寝たばかりだから、もう少し寝かせておいて!」というのは通用しません。

こちらがどんなに眠くても、いつもの時間になれば、
決まってスリスリ、ゴロゴロ、ふみふみが始まります。

とりあえず寝ぼけ状態のまま好きにさせているのですが、
いつまでもこちらの反応がないと納得がいかないのでしょう。

タシタシと前足で私の顔を叩いたり、私の身体の上を行ったり来たりし始めます。

ちょうど喉仏のあたりを踏まれることがあるのですが、一瞬息がつまり結構苦しいです。

この頃になると、私と小太郎の間には不穏な空気が流れ初めているのですが、
それでも私が往生際悪く眠りこけていると、
今度は「ごはん食べたい!」とばかりにこちらの頬や頭に、ガブリと噛みつきます。

一応手加減はしてくれているようで(甘噛みのつもりなのでしょうか?)
怪我したことはないのですが、それでもかなり痛いです。

さすがの私もこれをやられと
「痛い!痛い!何すんの、離してよ!」とばかりに飛び起きざるを得なくなるわけです。

本人にはまったく悪気はないようで、
「やっと起きた!ごはん、ごはん!」とまた機嫌良く、スリスリ甘えかかってくるので、
どんなに寝不足になっても、怒るに怒れません。

とりあえず規則正しく飼い主を起こしてくれるわけですから、
考えようによっては効果絶大な目覚まし時計(?)と言えるのかもしれませんね。



↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner
スポンサーサイト

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

この記事へのコメント

コメントを書く

 
 
※非公開コメント投稿不可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。