スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ペットをめぐる問題についての意見交換会」を終えて①

2009/02/12 (木)  カテゴリー/HAAC活動

昨日、HAACとしての初のおおきなイベントを無事に開催することができました。


このようなイベントを0(ゼロ)から企画し、参加者をつのり、実行するに至るまで、

メンバー皆が初めての経験でしたので、スムーズに運ばないことも多々ありましたが、

パネリストの方々、参加者の方々、サポートスタッフの方々のご協力のおかげで、

無事に終えることができました。

皆様に本当に感謝です。

ikenkoukankai20090211


今日はその内容をご紹介します。



真依子ちゃんというスピッツがいました。

お子さんがいないご夫婦にとって、そのスピッツは最愛の子。

そのスピッツの死。 獣医師の責任を問う裁判に発展しました。

その弁護を引き受けた渋谷先生の基調講演から、

昨日(2009年2月11日)わたしたちHAACが主催した

「ペットをめぐる問題についての意見交換会
~獣医療現場におけるコミュニケーション・トラブルを考える~」

は、始まりました。



パネラーには、弁護士の渋谷寛先生のほか、あしあと動物病院院長の久保純先生、

飼い主代表の姫野純子さん、ウァイセンバーガー・ベアテさん、

作家でペットロス・パラカウンセラーの悠崎仁さんがお出でくださいました。


そして、会場には、30名を超える参加者のみなさん。

みんな、お忙しい中、来てくださいました。

ikenkoukankai2009021102




テーマは、飼い主と動物病院とのコミュニケーションのありかた。

なにが、トラブルを引き起こすのか。


パネラーや会場の活発な議論の中から浮かび上がってきたのは、

飼い主にどこまで説明すればよいのかわからず苦しむ獣医師の姿、

思っていることを獣医師に言いづらい飼い主の悩みでした。


まだ一回目。

もちろん、解決にはほど遠いです。

けれど、

わたしたちは、飼い主と動物病院をつなぐ「コミュニケーション」という名の橋を、

みなさんと一緒に造り始めました。


この小さな一歩を、いつか大きな橋にしていきたい。

心の底からそう思える日になりました。

パネラーのみなさん、参加者のみなさんに心から感謝です!



次回、参加してくださった方々の声をお届けします。


↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner



スポンサーサイト

タグ : HAAC

この記事へのコメント

コメントを書く

 
 
※非公開コメント投稿不可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。