スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペット保険に激怒

2008/12/13 (土)  カテゴリー/ひとりごと(Shin編)

Shinです。

皮膚病の治療で往診にいっている飼い主さんが「おかしい。おかしい。ペットの保険会社から全然入金が無いんだよ」という。

我が動物病院はペット保険のア○○○さんと契約しているわけではないが、問い合わせをしてあげた。
ところが、そのワンちゃんの皮膚病については「保険対象外です」と返事された。

飼い主さんは、以前は50%ちゃんと支払われていたというし、一体どうなっているのか。

調べると、飼い主さんに送られてきた新しい通知には、「免責事項の欄ではなくて、特約事項の欄に付け加えた字句で「**ちゃんの皮膚病は対象外です」と記載されている。 

もちろんその変更契約事項を飼い主さんは知らなかった。
説明もなかったという。

皮膚病の治療が続く可能性があるから対象外にされたという感じだ。 

この対応に、我が病院も激怒! 

飼い主さんはもちろん“解約”

ペット保険のア○○○さんは、経営方針の大きな変更が行われているようだ。

飼い主さんからの視点が欠落している。 

素人感覚で「特約事項」といえば、サービス的意味合いに思うが、
そこに個別の「免責事項」も潜り込ませるなんて、狡猾である。  

「ペットの保険会社はどこがいいですか」と聞かれることがある。
 
あらためてペット保険のア○○○さんのことをネットで調べると、問題が非常に多い。

フェレットの飼い主さんたちは、「保険料が4倍になる! 会社の対応が不誠実!」と声を上げていた。 
往診に行った先に遊びに来ていたおばあさんが、「保険は『高価なお守り札』と考えるべきだね」といった。

みんな合点。


20081213

写真はHAAC店舗の夜 こちらにはクリスマスツリーが点灯。


↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : ペット

この記事へのコメント

コメントを書く

 
 
※非公開コメント投稿不可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。