スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相談されたときにアドバイスは有効?

2008/10/26 (日)  カテゴリー/ひとりごと(Roco編)

友人や家族にあることを相談されて、親身になって対応したつもりが、
なんだか嫌な気分で終わることってありませんか?

相談者A 「○○さんが仕事でいつも遅刻するので、何度か気をつけてもらうように話してみたけど、いっこうに変わらなくて・・・。だんだん注意するのも面倒になってきてね。 どうしたらいいと思う?」

あなたがAさんの友人なら、どのように対応しますか?


たとえば、

「遅刻されれば実際仕事にも支障が出るわけだから、もっときちんと言ったほうがいいよ」

「あんまりひどかったら上司に報告するしかないんじゃない?」 とか、

もしくは、

「どうしてそういう状況になるの? そもそもそんなのが許されているなんて、信じられない~!」 など、

詳しく事情を聞いたり、「こうしたらいいんじゃない?」というアドバイスをすることが多いと思います。


その後、もしこのような返事が返ってきたら、どうしましょうか?


相談者A 「・・・でもね、彼女が遅刻してしまう状況もわかるの。 実は母子家庭で、毎朝小さい子どもを保育園に預けてから会社にきているのよ。 彼女も大変なのよね。・・・」

今度は、どう返しますか?



友人B  「じゃあ、彼女が朝早く出てこなくてもいいようにシフトを組むとか、大事な打ち合わせには別の人を担当にするとかいいんじゃない?」

相談者A 「そうできればいいのだけど・・・、他の人を雇うほど余裕がある会社じゃないのよね。 彼女もそのことがなければ仕事ができる人だし・・・」


だんだんイライラしてきた、とか言わないで下さいね(笑)

延々とせっかくアドバイスしても、「うん、でもね・・・」って返ってきて、

しまいには 「いったい、どうしたいの?」って思ってしまう気持ちもわかります。


さんざん話した挙句、結局最後は 「もう少しこのまま我慢してみる」とか言われ、
なんだか解決したのか、役に立ったのかわからなくて不完全燃焼。

最悪な場合は、「あー、やっぱり私って、指導力ゼロなんだわー」と落ち込まれたりすると、
相談を受けた自分までがっくり落ち込んでしまったり(苦笑)
日常の中では、いやーな気分で終わる相談ごとってありますよね。

なぜこのようなことがおこるのでしょうか?

そもそもAさんは、解決するためのアドバイスがほしかったのでしょうか。

違いますよね。

よく男女間の考え方の違いでも比較されますが、
相談してアドバイスが欲しかったのではなく、まずは自分の気持ちを聞いて欲しかったのです。


以前ご紹介した交流分析の3つの自我「P・A・C」のはなし、おぼえていますか。

相談者Aさんは、友人に対してどの部分(自我状態)で、相談していたのでしょうか。

「P」の親の部分でしょうか。
「A」の大人の部分でしょうか。
「C」の子供の部分でしょうか。

逆に、
友人としてアドバイスしているのは、どの部分からだと思いますか。

上のやりとりがまた違った流れになるヒントが、交流分析を学ぶとみえてきます。

お互いに嫌な思いをせずにコミュニケーションをとる方法です。



ちょっと長くなりましたので、今日の分はここまでにして・・・

この続きは次の機会にしたいと思います。

それまで、ちょっと考えてみてくださいね!




↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : ペット

タグ : 交流分析

この記事へのコメント

コメントを書く

 
 
※非公開コメント投稿不可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。