スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産みの親と育ての親

2008/07/27 (日)  カテゴリー/ひとりごと(Roco編)

シャムもトラも女の子で、もともと野良猫。
妊娠するのはあっというまでした。

先にシャムのおなかが大きいことに親が気付き、
トラまで妊娠してはたいへん!と、急いで避妊手術のためにトラが動物病院に連れていかれました。

当時は車で30分以上離れた場所にしか病院はなく、
まして設備などほとんど揃っていないおじいちゃん先生が開院しているところでした。

事前の検査などは全くなく、すぐに預けて手術です。


実は、トラはすでに妊娠していました。
そのときはどうにもできないことでしたが、とてもかわいそうなことをしたなぁと今でも思います。


その後、まもなくしてシャムが子猫を産みました。


庭先においた段ボールで作った小屋で出産。
子供の私はなんにもできず、ただただ見守るばかりです。

あまり見てはいけないよ、と親にいわれてそっと家の中から様子をうかがっていました。

どのくらいかかったか覚えていませんが、
次にシャムをみたのは口に白い赤ちゃん猫をくわえて出てきたときです。

シャムはなんだか近づくのも恐いくらい興奮していて、
子猫を庭の土の上に放りなげて知らんぷりです。

急いで子猫を抱きかかえて近づけても、全く世話をしようとしません。

段ボールをのぞくと、2頭の子猫がすでに亡くなっていました。

そのときに生き残った小さい白い猫が、3頭目に私が出会った猫、
〝しろ〟(男の子)です。


シャムが育児放棄してしまったその後の〝しろ〟
・・・どうなったと思いますか?




結局〝しろ〟には、トラがミルクを与えて育ててくれたんです。

まるで自分の子どものように、必死に舐めて世話してくれました。

トラがいてくれたおかげで人間の手など必要なく、小さな〝しろ〟はすくすくと育ってくれました。


昔のアルバムをひっくり返し、数枚だけみつけました。
シャムが庭でくつろいでいます。シャム1



ピアノの上で寝ています。シャム2
写真がちょっと色褪せていましたけれど・・・しろちゃんの育ての親、トラです。
トラ

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner


スポンサーサイト

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

この記事へのコメント

コメントを書く

 
 
※非公開コメント投稿不可
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。