スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫と木登り

2008/06/06 (金)  カテゴリー/ひとりごと(ルー編)

本日は猫のお話し・・・。

猫を飼ったことがある方なら思い当たるのではと思うのですが、
猫って高いところが好きですよね?

ふと気付くといつの間にか棚の上やクーラーの上にいたりします。

時には幅5㎝程しかない半開きのドアの上によじ登り、
高見から我々を見下ろす・・・みたいなことも。
一体何を考えているのでしょう?

家の中だけならまだ良いのですが、問題は外に出たとき。

我が家の小太郎は、木に登るのが好きです。

手頃な樹があれば後先考えずにどんどんよじ登っていきます。
どう考えても体重を支えられそうにない細い枝にまで手をかけるので、
見ているこちらはハラハラします。

でもそこは猫。

絶妙のバランスで決して樹から落ちることはありません。  素晴らしい!

ですが、ここからが問題です。

いつまでたっても降りてこない・・・。

そんなに気に入っているのかしらと最初は思っていたのですが、どうやらそうではなく、
要は降りられないのです、猫のくせに!

まあ、猫の爪は登るのには向いていても、
降りるのにはあまり向いていないということですので、仕方がないのかもしれません。

二進も三進も行かなくなって樹の上で立ち往生し、ニャアニャア鳴くというわけです。

こうなったら飼い主としては救出に向かうより他ありません。
梅や柿の木あたりならまだ良いのですが、
桜の大木などに登られた日にはこちらも冷や冷やものです。

あっちの枝に手をかけ、こっちの枝に足をかけしてやっとのことで登り、
今度は救出した猫を肩に乗せて、手探り足探りで降りてくるわけです。
お陰で木登りは大分上手になりました。

それに思わぬ発見だったのですが、樹の上からまわりの景色をボーッと見渡すというのは、
普段と視点が変わり結構気持ちがよいし、楽しかったりもします。

ちょっと猫の気持ちが分かるかも・・・?

そんなわけで救出というより、一緒に木登りを楽しんでしまうこの頃なのでした。


20080606

登るのは上手・・・

↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner

スポンサーサイト

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

この記事へのコメント

コメントを書く

 
 
※非公開コメント投稿不可
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。