スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月16日のセミナーご報告

2015/08/17 (月)  カテゴリー/お知らせ

8/16(日)、江東区産業会館にて「ペットの最期をどのように迎えるか 
~動物病院スタッフと共に考えるご家族支援」
「獣医師・動物看護師のためのグリーフケア」の両セミナーを開催しました。
残暑の厳しい中、受講くださったみなさま、本当にありがとうございました。

いつも感じるのですが、HAACのセミナーには、「何かもっと飼い主さんのために
できることはないか」という共通の想いをもつ方々がいらしてくださるように思います。
忙しい業務の合間をぬって、さらに学ぼう!という姿勢に、いつも頭が下がる想いがします。

今回も、講義半分ワーク半分のワークショップ形式のセミナーでしたが、
みなさんそれぞれに学んだこと気づいたことなど、これからのお仕事のお役にたてて
いただければとても嬉しく思います。

150816_101700_convert_20150817221933.jpg

KIMG0028_convert_20150817222056.jpg

一部アンケートをご紹介します。

・Aさん(獣医師)
ターミナル期に役立つ傾聴を実行しようと思います。
また、「感情労働」という言葉を初めて知り、自分が感じている悩みやストレスを理解してもらえたように感じました。

・Bさん(獣医師)
老々介護が多い飼い主層の病院に勤務しているため、自分よりも飼い主のほうがターミナル期には詳しく、納得してもらえるような対応ができないことも多くて、せめて安心してもらえるようになれればと思い参加しました。

ターミナル期に役立つ傾聴について。ゼロポジションを保てるように、オーナーが言いたいことを全部話せるような雰囲気作りをがんばってみます。

本当に暑い中参加していただき、ありがとうございました。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。