スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい年を迎え・・・

2012/01/06 (金)  カテゴリー/HAAC活動

新春を迎え、皆様に良い年でありますよう
お祈り申し上げます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年の12月23日に
「動物医療におけるコミュニケーションを考える会 第1回カンファレンス」
が日本獣医生命科学大学で開催されました。
動物医療の提供には、技術や知識と同時にコミュニケーション能力が不可欠ですが、
日本の獣医学教育において、カリキュラムとして今まで取り入れられていない現実があります。
そこで、動物医療に関連した分野でのコミュニケーションに関する学術的な研究・活動を行う集団が集まる場、情報交換の場として、日本獣医生命科学大学の先生方がこの会を立ち上げられました。

このカンファレンスでHAACの宮下が発表いたしました。
HAACでは、動物病院スタッフ間、またはスタッフと飼い主さんの間の
コミュニケーションを円滑にするために、
交流分析を取り入れた方法をセミナー等で提案しております。
今回の発表では、この交流分析を用いたアドバイスにより、
動物病院においてスタッフが抱えるコミュニケーション上のストレスを
軽減することができた事例をご紹介しました。


2011_1227.jpg


日常生活においても、仕事の場面でも、人とコミュニケーションをとるときに
自分の心のバランスはどうなっているか、どのようなコミュニケーションの癖が
あるかということをほとんど意識していないと思います。
コミュニケーションがうまく取れているときには問題ありませんが、
「なんで自分は○○な感じの人とはうまくコミュニケーションがとれないんだろう・・・」
「○○な人は苦手だな・・・」というときには、
自分の心のバランス、コミュニケーションの癖を知ることが役に立つことがあります。
交流分析は自分を客観的に見るツールとして用いることができます。

自分を客観的に知ることができれば、それをコントロールすることが
可能になります。
ある程度コントロールすることができると、コミュニケーション上のストレスを
減らすことにつながります。

事例を交えてこのことをご紹介したところ、関心を持って話しかけてくださった方が
いらっしゃって嬉しかったです。

動物医療に関連した分野に関するコミュニケーションに対して
関心を寄せるお仲間がこれから増えていくといいなと心から思った1日でした。

HAACでは、今年もセミナーなどを通して、この分野に少しでも貢献できるよう、
尽力したいと思います。
近日中に以下のセミナーが予定されています。
コミュニケーションに関心のある動物病院スタッフの方、是非ご利用ください。


2月22日(水) 飼い主さんによりそう「聴き方」セミナー
2月23日(木) ペットのターミナルケア~飼い主のペットロスを援助するための軽減法~
詳細はコチラ↓
http://haac-edu.good.cx/news.index.html#news1



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。