スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛犬のための フットケア

2009/02/25 (水)  カテゴリー/講座案内

 3月に犬のトレーニングなどを行っている「Hocci」さんにて、セミナーを行います。 

 お近くのかたは是非ご参加ください。 犬連れOKです 音符


 肉球 「季節の変わり目フットケア」 jumee☆pochi1b

寒い冬から段々と暖かくなってきましたが、まだまだ気温も安定しません。
そんな時期は人間も肌が荒れたり、関節炎が痛くなったり・・・ワンちゃんも同じです。
獣医さんが教えてくれる「季節の変わり目フットケア」を学びませんか?

1)関節炎、椎間板ヘルニアについて
2)アロマ肉球クリーム作り
3)足裏マッサージ


◆ 講師紹介◆
先崎直子:獣医師/HAACカウンセラー
宮下弘子:獣医師/HAACカウンセラー、アニマルアロマセラピスト
稲本有香:HAACカウンセラー、ペットマッサージセラピスト

日時: 3 月8 日(日) 13:00~15:30

会場: Pet Studio Hocci (練馬区下石神井1-2-3) 

定員: 10名 (ワンちゃんも参加できます。事前に連絡してください)

料金: 4,500円(材料費500円含む)

【お申し込み】 ※〆切は3月5日です。

ペットスタジオ ホッチ  URL: http://hocci-pal.jp/

↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner


スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

アニマルセラピー

2009/02/21 (土)  カテゴリー/ひとりごと(もんさん編)

今週の火曜日と水曜日の読売新聞の夕刊に

「アニマルセラピー」というタイトルでのコラムが出ていました。



「アニマルセラピー」と聞くと、動物に癒してもらうというイメージだと思います。

当たってはいるのですが、実は「アニマルセラピー」というのは日本での造語で

詳しくは

・AAA(Animal Assisted Activity)動物介在活動

動物とふれあうことによる情緒的な安定、
レクリエーション・QOLの向上等を主な目的としたふれあい活動。

一般にアニマルセラピーとよばれる活動の多くはこのタイプです。


・AAT(Animal Assisted Therapy)動物介在療法

人間の医療の現場で、専門的な治療行為として行われる動物を介在させた補助療法。

医療従事者の主導で実施します。

精神的身体的機能、社会的機能の向上など、
治療を受ける人にあわせた治療目的を設定し、
適切な動物とボランティア(ハンドラー)を選択、治療後は治療効果の評価を行います。


・AAE(Animal Assisted Education)動物介在教育

小学校等に動物と共に訪問し、
正しい動物とのふれあい方や命の大切さを子供たちに学んでもらうための活動。

生活科や総合学習などのプログラムとして取り入れる学校も徐々に増えています。



と分かれます。(JAHAのHPより)



私は以前からAAE(動物介在教育)に興味があり、

縁があって今年に入って2回活動の見学に行ってきました。



1つは6年生対象、1つは1年生対象です。

1年生と6年生では、プログラムが違います。



1年生の子供達は、犬に興味津々。

家で犬を飼っている子供でも、学校の授業で出会う犬は新鮮なようです。

かたや、以前に犬に吠えられたりして、

犬のことがちょっと怖い子供は緊張しています。

そんな犬に苦手意識を持っていた子もプログラムが終了する頃には

触ったり、撫でたりできるようになっていました。

犬に対しての正しい知識を持ち、正しい接し方を学ぶだけで、

こんなに変わるとは、驚きでした。



6年生の子供達は、以前に何回かAAEのプログラムを受けているようで、

犬への接し方がとても自然でした。

そして、犬が隣にいるのが当然のように

犬を撫でながら、話を聞いたり、プログラムをこなしていたのが印象的でした。

この「犬が隣にいるのが当然のように・・・」

というのは、特に意識せずに接しているということです。

このような関係はとても素晴らしいと思います。

人と犬とが同じ空間に自然にいることができる・・・

AAEの目的のひとつなのかなと、しみじみ思ったもんさんでした。



今回で次の人にブログをバトンタッチします。

お付き合いいただき、ありがとうございました。


by もんさん


↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner



テーマ : 日記 - ジャンル : ペット

「ペットをめぐる問題についての意見交換会」を終えて②

2009/02/16 (月)  カテゴリー/HAAC活動

意見交換会が終わった後に、皆さんにアンケートをご協力いただきました。

とても励みになるお言葉や、貴重なご意見をいただきました。

ご協力ありがとうございました。

今後このようなシンポジウムを行う際の参考にさせていただきます。



今日は頂戴したお声の一部をご紹介します。



○一般飼い主 Aさん

様々な立場に立ってひとつの事柄をみていく、この形式にとても興味を持ち、こうして会を終え満足しました。
獣医の考え方、飼い主の考え方等、一度に聞けて考えさせられることも多く、面白かったです。


○トレーナー Aさん

まいこちゃん事件に限らず、コミュニケーションは日々必要なことだとあらためて認識しました。
飼い主さん、獣医さん、トレーナーさん、みなが同じレベルで犬にかかわれると良いなと感じました。


○トレーナー Bさん

非常に勉強になりました。
獣医師、飼い主という反対の立場の意見、その他のペット関連の方々の意見が聞けて、本当に興味深かったです。
私も仕事上、ハンドラー技術以上に飼い主の方とのコミュニケーションをとるように心がけていますが、それがトラブルを回避する一番の方法だと思っています。


○トレーナー Cさん

ペット医療の現状や矛盾、心理面までかかわるケア等、たくさんの難しい問題があることを自覚しました。
貴重な意見をいただけて良かったです。


○トレーナー Dさん

とても有意義なセミナーでした。
様々な立場からのご意見を聞くことができて良かったです。
動物をとりまく環境にいる全ての人が、まず動物の立場に立つことが一番しなくてはいけないことだと思います。


○トレーナー Eさん

参加させていただいて、ありがとうございました。
私はトレーナーであり、また飼い主としての立場でもあるのですが、他の方々の考えを聞く機会をもって、非常に勉強になりました。
こうした会を通して、さらに多くの方々(ペットに関わる)に問題提起ができ、そしてその問題にみんなが取り組むことの大切さを感じてもらうことが、これから益々必要になっていくのではないかと感じました。


○ペット関連業従事者 Aさん

4名のパネリストの意見が、それぞれの立場や観点に沿って多角的であり、おもしろかった。
いろいろ考えさせられ、学ぶことが多かった。
グループディスカッションの時間がもう少し長ければ、更によかったと思います。


○ペット関連業従事者 Bさん

動物病院(まいこちゃん事件)に特化した内容なので、サブタイトルをつけて、また別の観点での意見交換ができるとよいと思います。
もう少し多岐にわたる内容だと思ったので・・・。
でも色々な立場の意見が聞けて、有意義でした。


○ペット関連業従事者 Cさん

とてもためになりました。
日頃から獣医師さんに対して持っている疑問が、少し解決。でも、知らなければよかったという意識も。この不安材料は(医師に対して)そう簡単には解決しそうもないと思いました。

飼い主と医師のそれぞれのきちんとした認識が必要。
医師にも愛情も必要だが、倫理観もきちんと持ってほしいし、その教育もしてほしい。


○動物病院関係者 Aさん

様々な意見が多く出て、とても参考になりました。
とても大きなテーマなので、回数を重ねてもっと多くの人たちとこのような問題意識を持ってもらうことが大切だと思います。


○動物病院関係者 Bさん

最後のディスカッションの時間が、もう少し欲しかったです。




↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner

「ペットをめぐる問題についての意見交換会」を終えて①

2009/02/12 (木)  カテゴリー/HAAC活動

昨日、HAACとしての初のおおきなイベントを無事に開催することができました。


このようなイベントを0(ゼロ)から企画し、参加者をつのり、実行するに至るまで、

メンバー皆が初めての経験でしたので、スムーズに運ばないことも多々ありましたが、

パネリストの方々、参加者の方々、サポートスタッフの方々のご協力のおかげで、

無事に終えることができました。

皆様に本当に感謝です。

ikenkoukankai20090211


今日はその内容をご紹介します。



真依子ちゃんというスピッツがいました。

お子さんがいないご夫婦にとって、そのスピッツは最愛の子。

そのスピッツの死。 獣医師の責任を問う裁判に発展しました。

その弁護を引き受けた渋谷先生の基調講演から、

昨日(2009年2月11日)わたしたちHAACが主催した

「ペットをめぐる問題についての意見交換会
~獣医療現場におけるコミュニケーション・トラブルを考える~」

は、始まりました。



パネラーには、弁護士の渋谷寛先生のほか、あしあと動物病院院長の久保純先生、

飼い主代表の姫野純子さん、ウァイセンバーガー・ベアテさん、

作家でペットロス・パラカウンセラーの悠崎仁さんがお出でくださいました。


そして、会場には、30名を超える参加者のみなさん。

みんな、お忙しい中、来てくださいました。

ikenkoukankai2009021102




テーマは、飼い主と動物病院とのコミュニケーションのありかた。

なにが、トラブルを引き起こすのか。


パネラーや会場の活発な議論の中から浮かび上がってきたのは、

飼い主にどこまで説明すればよいのかわからず苦しむ獣医師の姿、

思っていることを獣医師に言いづらい飼い主の悩みでした。


まだ一回目。

もちろん、解決にはほど遠いです。

けれど、

わたしたちは、飼い主と動物病院をつなぐ「コミュニケーション」という名の橋を、

みなさんと一緒に造り始めました。


この小さな一歩を、いつか大きな橋にしていきたい。

心の底からそう思える日になりました。

パネラーのみなさん、参加者のみなさんに心から感謝です!



次回、参加してくださった方々の声をお届けします。


↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner



タグ : HAAC

ペットをめぐる問題についての意見交換会

2009/02/03 (火)  カテゴリー/ワークショップ

HAAC主催で行う予定の「ペットをめぐる問題についての意見交換会」(2月11日 祝)

1月末から一気にお申込みが増え、定員40名まであとわずかです!

参加をご検討中のかた、ぜひお早めにお申し込みくださいね。


お申込み・イベント詳細はこちらから 
  ⇒ ペットをめぐる訴訟の現状とパネルディスカッション


↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner

ワン・にゃんシーズンケア 冬編

2009/02/01 (日)  カテゴリー/HAAC活動

お久しぶりです。今回ブログを担当するもんさんです。

インフルエンザが猛威をふるっておりますが、

皆さん体調を崩されていないでしょうか?



昨日1月31日、「ワン・にゃんシーズンケアセミナー」の第1回目が開催されました。

悪天候の中、参加していただきありがとうございました!



このシーズンケアセミナーシリーズは、

3人の講師によるもので、病気やケアのお話、アロマを利用した実習、

マッサージの3部門で構成されています。

haac1


記念すべき第1回目は、「真冬のフットケア」で

関節炎、椎間板ヘルニアについてのお話、アロマ肉球クリーム作り

足裏マッサージという流れで行われました。

haac2



お知り合い同士で参加されていたということもあり、

終始なごやかな雰囲気で、

参加されたワンちゃんも、穏やかでまったりとマッサージを受けられていました。

私たち講師も楽しんでセミナーを行うことが出来たので

参加してくださった方々に感謝です。

haac3



「とても勉強になりました」

「楽しいセミナーでした」

「また、他のシーズンケアシリーズに参加したいです」

「レベルアップしたセミナーも企画してください」

等の、感想をいただきました。



シーズンケア冬編は「真冬のフットケア」、「真冬の膀胱炎対策」で

2月28日(土)にも行いますので、ご興味ある方は

是非ご参加ください。

 ⇒ 詳細やお申込みはこちらから


第2弾は夏編を考えておりますので、またお知らせいたします。

↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner



タグ : シーズンケア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。