スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の視力

2008/05/07 (水)  カテゴリー/ペットとの暮らし

猫の視力は人の10分の1と言われているそうです。

そもそも人間の検眼のときのように、片目隠して「右」「左!」などとは言ってはくれない猫、
どうやって視力なるものを測ったのでしょうか。

ある研究者グループがこの実験を行いました。
猫に白黒の縞模様を覚えさせる訓練からまずは始めます。
縞のパターンが出たら、口でレバーを押すと餌が出るという仕組みです。

縞が細かく密になっていくと、全体が灰色になって黒と白のコントラストが無くなっていきますよね。
その差をどこまで見極めることができるかを測る実験のようです。

この縞を見分けることができるギリギリの本数を、空間周波数といいます。
人と比較して猫の空間周波数が10分1だったことから、現在の猫の視力説ができました。

猫はそもそも光の明暗を感知する能力が高い動物なので、
一概にこの実験結果だけで視力の良し悪しは言えませんが、
このように視力を測っていたとはユニークな話です。

そんな猫の視世界を疑似体験しましょう!というコラムがありましたのでご紹介します。

手順 ①右手にペンを持ち、腕を正面にのばしてそのペンをじっとみつめる。
    ②そのまま目玉を動かさずにペンの斜め左側を空間をそれとなく意識して眺める。
    ③その後、ペンがない左側の空間にある物がぼやけて見えてきたらOKです。

細部はあまり見えず、輪郭だけでものを把握している解像度の低い猫の視力を体感できます!

と、ありましたが・・・
家の中にものがいっぱいある状態でやったらよくわかりませんでした(笑)失敗です。

次のこれはどうでしょう?

手順 明け方や夕方の薄暗い時間帯に、部屋の電気をつけずに歩きます。
    陰影だけをたよりに階段などを下りてもいいです。

くすんだ感じの色彩が、明暗を感じる猫の視覚に似た世界だそうです。

これもやってみました。
階段はないので、朝方電気をつけずにトイレへ・・・
そこで気づいたんですけど、普段かけるメガネをせずに間接照明の部屋を歩く感覚に似ています。

普段くっきりはっきり明るい世界に身をおいていると、なんともこれだけで不自由さを感じました。
ド近眼の私は、段差に足をぶつけ痛い思いをしましたよ(><)

ペットがみている世界ってとても興味がありますが、なんとも不思議な世界です。

このほか、いろんな猫の生態の不思議がいっぱい紹介されています。
手軽なブルーバックスなので、夜のお供にぜひどうぞ!

猫のなるほど不思議学 知られざる生態の謎に迫る (ブルーバックス)

↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner
スポンサーサイト

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

ペットが急に病気になったら・・・

2008/01/19 (土)  カテゴリー/ペットとの暮らし

ペットが急に病気になったとき、すぐに連絡できる(または連れていける)動物病院がありますか?

日頃健康な子は年に1~2回程度予防接種で近くの病院に連れていくぐらい・・・
ということが多いかもしれませんね。

「その病院がもしお休みだったら・・・」

「または診療時間外の夜中だったら・・・」

あまり普段考えないかもしれませんが、この点は万が一の備えとして大切です。

まず第一に、ホームドクターを近所でみつけておくこと。

ふたつめに、その病院が緊急の場合対応してくださるかの確認をしておくことです。

機会があればホームドクターに
「もし万が一、時間外にうちのこが病気になったらどうしたらいいでしょうか?!」と訊ねておきましょう。

たいてい緊急の場合、時間外でも留守番電話になっていて対応してくださる先生が多いようです。
対応できない場合は救急の病院を紹介してくださるかもしれませんので、聞いてみましょう。

必ずしも「対応しないから=信頼できない病院」ではありません。
個人病院では限られたスタッフで、朝から夜までたいてい10時間ちかく(またはそれ以上)働いています。
獣医や看護士も人間ですから、友人と食事を楽しんだり家族と過ごす時間といった休む時間も必要です。

24時間対応できれば・・・
そういった気持ちはあるけれど実際は体が続かず普段の診療に影響が出ない範囲で対応している・・・、
または状況に応じて・・・、
といった先生が多いのではないでしょうか。
(24時間対応すべきだ!という厳しいご意見もあるかもしれませんが・・・、個人的な意見としてご理解ください。)

飼い主としてそこまで現状を理解する必要はありませんが、人間の病院と同じように救急で対応してくれる病院を別に確保しておくといいかと思います。

近くで夜中でも診てくれる病院の電話番号だけでも控えておく。

または地域によっては動物病院が連携して当番制でみてくれるところがありますので、
調べておくのもひとつの方法でしょう。

それから、信頼できるペットシッターさんなども探しておくと、いざというとき頼りになりますよ!

「備えあれば憂いなし」

緊急のときはパニックで調べる余裕なんてありません。
この機会に電話の横にメモを貼るなり、携帯電話に番号を記録しておくことをおすすめします。

☆ご協力お願いします☆(1回押してください!)
FC2banner

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。