スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オスカー ~天国への旅立ちを知らせる猫~

2010/03/18 (木)  カテゴリー/ひとりごと(ルー編)

なかなかブログの更新ができずにいるうちに、すっかり春らしくなってきました。

春といえば花粉症! 
マスクが手放なせず、ちょっと憂鬱なこの頃です。

が、気を取り直して、
本日は最近読んで感銘を受けた本のご紹介をさせていただきます。

オスカー―天国への旅立ちを知らせる猫オスカー―天国への旅立ちを知らせる猫
(2010/02)
デイヴィッド ドーサ

商品詳細を見る


患者さんの死期を察するとベッドに飛び乗り、
その方が亡くなるまで寄り添う猫、オスカー。


現代のおとぎ話のようにも聞こえるこの本の著者は、
米国ロードアイランド州にある,
ステアーハウス看護リハビリテーションセンターに勤務する、
デイヴィッド・ドーサ医師。

重度の認知症を患い,
終末期を迎える高齢者の診察を行うドーサ医師は、
信頼する看護師のメアリから、病院の飼い猫であるオスカーに、
患者さんの死期を予知する能力があるらしいという話を聞いた当初、
まじめに取り合うことはありませんでした。


しかし、本来は人にあまりなつかないオスカーが、
実際に亡くなる患者さんのそばに寄り添う姿を、
繰り返し目の当たりしたドーサ医師は、
「これはたんなる偶然なのだろうか?」という疑問をもち、
その謎を解明するために行動を起こします。


ベッドサイドにいるオスカーに見守られるようにして亡くなった患者さんの遺族に、
当時の話を聞くことにしたのです・・・。


本書においてドーサ医師は、
遺族の方々が体験した多くのエピソードを紹介してくれますが、
亡くなった患者さんだけでなく遺族の方の誰もが、
オスカーの存在によって慰めと癒しを得ていた様子が伺えるのが大変印象的です。


ステアーハウスで母親を看取ったばかりのキャシーは、
ドーサ医師に次のように語ります。


「ドーサ先生、
わたしはオスカーのこと、天使だと思ってます。
さっきまでは母のためにここにいてくれましたけど、
いまはわたしのためにいてくれる。


オスカーがそばにいると、孤独が癒されるの。
うまく説明できないけれど、なんていうか、
いまどうなってるのかわかってるよという感覚を与えてくれる動物っているんですよ。


それに、そういう動物は、ただありのままを受け入れる。
どういうわけかオスカーといると、これはなにもかも自然なことなんだって思えて。
事実そうでしょう?
生命の誕生が奇跡であるのなら、死だって奇跡といえるんじゃない?
そう考えれば、うちの母はついに闘いを終えたんだって、そう思えるんです。
母は、ようやく自由になれたんだって」(pp.48-49)



本書を通して私たちは多くのことを考えさせられます。
人間の尊厳や生と死について・・・。

そして何より、言葉を持たないオスカーが、
ただ静かに死に逝く患者さんのそばにある姿に、
「寄り添う」ことの本質を教えられる思いがします。

我々現代社会に生きる人間が、見失いがちな大切なこと。
オスカーはそれを私たちに示してくれているのかもしれません。


終末期医療に関心のある方やカウンセリングを学ぶ方、
そして動物たちを愛し、彼らから癒しと慰めを得る多くの方々に、
ぜひお勧めしたい一冊です。




今回で私の担当はひとまず終了し、次へバトンタッチします。

ありがとうございました!


スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : ペット

2010年!

2010/01/08 (金)  カテゴリー/ひとりごと(ルー編)

遅ればせながら、あけましておめでとうございます!

2010年の幕開けから担当させていただきますルーです。



皆様には良き新春をお迎えのことと思います。

今年2010年は寅年ですね。

猫科の動物大好きの私としましては、

右を向いても左を向いても「トラ!トラ!トラ!!」というのは、何とも心浮き立ちます。



トラと言えば古来より、

勇猛果敢であると同時に、子を非常に愛護する動物として知られておりますが、

今年はそんなトラにあやかり、慈しみの心を持ちながらも、

何事にも積極的かつ果敢に取り組んで行きたいものだと思っております。



そんな訳で、今年もHAACは頑張って活動してまいりますので、

どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>


20100108

テーマ : 日記 - ジャンル : ペット

「分かる」ということ

2009/06/27 (土)  カテゴリー/ひとりごと(ルー編)

ここ2年ほど、「家族研究会」というものに参加しています。
家族療法の専門家である先生のご指導のもと、月1回行われるのですが、
様々な現場でのお話しなども伺うことができ、大変勉強になります。


今月学んだ中で、非常に興味深かったのは、「類似性と相違性」について。


私たちは通常、相手と自分との共通項(類似点)をつかみ、それをきっかけに相手を理解しようとします。

そして相手の話の中に自分と類似する経験や考えを見出したとき、つい「分かる」と思ってしまうのではないでしょうか?

しかし、例えば相手が「こういう問題があって悩んでいる」と言ったとき、その悩みの重みを私たちは本当に理解できているのか・・・?

類似の自分の経験に照らして、あるいは自分の枠にあてはめて、多分このぐらい大変なんだろうと想像することはできても、当人ではない以上、その重みを完全に「分かる」ことは不可能だと言わざるを得ないでしょう。

「分かった!」と思った瞬間、それ以上知ろうとする努力は終わってしまいます。
ですから、類似性ではなく、むしろ相違性に目を向けることが大事なのだといいます。

相手の話の中に出てくる自分とは異なる部分=違和感を感じる部分といっても良いかもしれませんが、それを大事にすること。

そして違和感を感じたことをそのままにはせず、相手に尋ねることで、完全には無理でも、もう少しだけ深く、相手を理解することができるかもしれないというのです。

いわゆる「無知の姿勢」ということでしょうか?

一人の人間の存在の重みは計り知れなく、私たちが知ることができるのは、その人のほんの一部に過ぎません。

そのことを忘れずに、相手と自分との相違性に目を向け、受け入れるよう努力すること。

これは対人援助の場面に限らず、日常の人間関係においても、互いに理解し合うために非常に大切なことだと言えるでしょう。

言うは易し、行うは難しではありますが、日々実践していけたらと思いました。




今回で私の担当はひとまず終了し、次にバトンタッチです。
2週間ありがとうございました!


↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner


テーマ : 日記 - ジャンル : ペット

我が家の退屈魔神・・・

2009/06/19 (金)  カテゴリー/ひとりごと(ルー編)

前回ご紹介したセミナーをきっかけに「猫と飼い主のストレス」について、
我が家のケースを振り返ってみました。

食事や運動量、適度な刺激、テリトリーの問題、飼い主の接し方などなど・・・

猫のストレスを考える上で注目すべき点は多々ありますが、
我が家の小太郎の場合、目下のところ気になるのは、「刺激」という点でしょうか。

アビシニアンは、活発で運動能力が高く、遊び好きな傾向があるのですが、
それに加えて小太郎はアウトドア派。

室内飼いではありますが、刺激を求めるのか、あるいはテリトリー意識のなせる技か、
とにかく散歩に出たがります。

また、遊びたいときには「遊んで」とばかりにおもちゃをくわえて持ってくるので、
ある意味分かりやすくはあります。

そういった場合、
大抵は「はいはい、しょうがないわね~」と重い腰を上げ(実は嬉しげに?)、
お付き合いをいたします。

が、しかし人間にも都合というものがありますので、
そうそういつもタイミング良く散歩につき合ったり、遊んだりできる訳もなく・・・

そんなとき「退屈魔神」となった小太郎は「テッテッテッ」と足音を立てながら、
あっちへウロウロこっちへウロウロ・・・。

手持無沙汰な様子でうずくまり、ジーッとこちらを見ることもあります。

あるいは邪魔にされるのを承知で、
仕事中のパソコンのキーボードの上を、わざと行ったり来たりすることもざらです
(今現在もキーボードの上を歩き回っています!)

かと思うと突然走り出したり、クッションにネコキックを見舞ったり・・・

「退屈して、ストレスを感じてるンだろうな~」と思いつつ、
どうしても手が離せない場合、私の中にわき起こる何とも言えないジレンマ・・・


う~ん、ストレス・・・。


このような場合、やりかけの仕事を打ち切って相手をするか、
あるいは「これが終わるまで待って!」と割り切れば、
少なくとも私自身のストレスにはならないのでしょう。

どっちつかずのジレンマ状態というのが一番良くない気がします。


と、頭では理解しているのですが、実際気持ちのコントロールをするのは難しいですね・・・。

まあ、何とかお互いストレスを溜めないよう、やっていきたいものです!



2009061901

おもちゃでストレス発散中



2009061902

森林浴(?)でまったり・・・



↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

猫カフェセミナー報告

2009/06/13 (土)  カテゴリー/ひとりごと(ルー編)

皆様、お久しぶりのルーです。
早いものでまたまたブログ担当がまわって参りました。
しばしの間よろしくお願いいたします<(_ _)>

さて、本日は先日、ロコさんと私が講師を担当したセミナーについてのご報告です。
場所は等々力にある猫カフェRIENさん(いつもお世話になってます!)。
今回のテーマは、「猫と飼い主さんのストレスケア」についてです。

ロコさん担当の前半は、猫の病気からみるストレスケアということで、
猫のストレス&ホメオパシーによる予防的アプローチについて。

私が担当した後半では、
心理学の視点から飼い主さんのストレスと猫のストレスの関係、
及びそのケアについてご紹介しました。


以下、セミナーの様子を写真でご報告します。


rien1
ストレスの要因や、それが猫に与える影響について説明するロコさん


rien2

真剣に説明を続けるロコさんの足元では・・・
子猫がスリッパにかじりついていました



rien3
参加者の皆さんです


rien4
後半ではグループ・ワークも行いました


rien5
そんな中でも猫達は相変わらずマイペース・・・



問題行動や病気の原因としてストレスに関心を持つ飼い主さんは多いようで、
皆さんとても熱心に参加してくださいました。
今回のセミナーが、飼い主さんと猫ちゃん双方のストレス軽減に少しでも役立てばと願っております!


★以下は参加してくださった皆様のお声です。

猫の肉球ピンク大変有意義なセミナーでした。ありがとうございます。
病気の猫がいるので不安に思っていることがたくさんあったのですが、気持ちがラクになりました。
これからも、ネコたちの気持ちを聞きながら“今を楽しく”暮らしていきたいと思います。


猫の肉球青ネコがストレスを感じるときは飼い主の心理状態が大きく影響しているのが分かりました。
まずはネコ達への接し方、気持ちに余裕を持って接するように心掛けたいと思いました。
(自分もストレスをためないよう)
加えてティッシュソルト、調べて使ってみたいと思います。今日はありがとうございました。


猫の肉球オレンジこういうセミナーは初めてだったのでとても参考になりました。定期的に色々教えていただきたいと思いました。


猫の肉球紫本日はありがとうございました。我家には2匹のメス猫がいるのですが2匹の関係がいまひとつスムーズではないので今日のセミナーを参考に、猫達と私の関わり方を見直してみたいと思います。


猫の肉球黒遅刻をしてしまい初めから聞けず残念でした。
ブリーダーをしているので多分多頭飼いによるストレス等はあるかと思い、今回参加させていただきました。
マッサージも含めて今後の役に立てたいと思います。
機会があればまた参加させていただきたいと思います。ありがとうございました。


猫の肉球ピンク心理学はとても興味があるのでいろいろなパターンでわかれていることは勉強になりました。
いろいろ勉強したいと思います。


↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

朝の儀式・・・?

2009/03/12 (木)  カテゴリー/ひとりごと(ルー編)

我が家の小太郎は、朝目が覚めると、決まって甘えモードにスイッチが入ります。

ゴロゴロと機嫌良く私の顔に顔をこすりつけたり、
お腹の上にのっては前足でふみふみしたり・・・。
子猫の気持ちになって、思いっきり甘えているようです。

低血圧の私にとっても、
半覚醒状態のまま猫とまったり過ごすこの時間は、結構至福の一時だったりします。

大体20分ほど戯れている間に、私の目もぱっちりと覚めますので、
そうなればおもむろに起き出し、
「さて小太郎くん、お待ちかねの朝ご飯だよ」と気持ちよく一日がスタートするわけです。

毎朝のこの儀式、しかしながら、いつも上手く行くわけではありません。

用事が終わらず明け方近くまで寝られなかった時など、
この「朝の儀式」が困ったことになるのです。


体内時計に従って規則正しく生活している小太郎にとって、
「今寝たばかりだから、もう少し寝かせておいて!」というのは通用しません。

こちらがどんなに眠くても、いつもの時間になれば、
決まってスリスリ、ゴロゴロ、ふみふみが始まります。

とりあえず寝ぼけ状態のまま好きにさせているのですが、
いつまでもこちらの反応がないと納得がいかないのでしょう。

タシタシと前足で私の顔を叩いたり、私の身体の上を行ったり来たりし始めます。

ちょうど喉仏のあたりを踏まれることがあるのですが、一瞬息がつまり結構苦しいです。

この頃になると、私と小太郎の間には不穏な空気が流れ初めているのですが、
それでも私が往生際悪く眠りこけていると、
今度は「ごはん食べたい!」とばかりにこちらの頬や頭に、ガブリと噛みつきます。

一応手加減はしてくれているようで(甘噛みのつもりなのでしょうか?)
怪我したことはないのですが、それでもかなり痛いです。

さすがの私もこれをやられと
「痛い!痛い!何すんの、離してよ!」とばかりに飛び起きざるを得なくなるわけです。

本人にはまったく悪気はないようで、
「やっと起きた!ごはん、ごはん!」とまた機嫌良く、スリスリ甘えかかってくるので、
どんなに寝不足になっても、怒るに怒れません。

とりあえず規則正しく飼い主を起こしてくれるわけですから、
考えようによっては効果絶大な目覚まし時計(?)と言えるのかもしれませんね。



↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner

テーマ : 猫と暮らす - ジャンル : ペット

花粉の季節

2009/03/03 (火)  カテゴリー/ひとりごと(ルー編)

皆様お久しぶりのルーです。
今日からまた2週間ほどブログの担当をしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて早いものでもう3月・・・。
すっかり花粉症の季節になりました。
今年は温暖化の影響でしょうか、例年より早く症状が出始めたように思います。

以前聞いたことがあるのですが、花粉症の爆発的な増加には、
ディーゼル車の排気ガスによる大気汚染なども関係あるのだそうな・・・
便利な都会で生活する現代人にとって、花粉症はもはや避けられないものなのかもしれません。

となると、できることは花粉症の症状を緩和するための体質改善ということになりましょうか。

ものの本によれば、
規則正しい生活とバランスの取れた食事、軽い運動なども効果があるとされているようです。

う~ん、どれも簡単なようで、実践するには固い決意と地味な努力が必要ですね。

ちなみに免疫機能に関わり、アレルギー症状の緩和に有効な食品としては、
ビタミンB6を多く含むレバーや鶏肉,ビタミンCを含むイチゴやブロッコリー、小松菜などが・・・。
他にシソ油やツキミソウ油、緑茶なども症状緩和の効果があるのだそうです。

これらの食材を取りつつ、マスクで花粉予防をしながら、
何とか今年もこの季節を乗り切りたいと思うこの頃です。


桃の節句

<写真コメント> 本文には関係ありませんが、桃の節句ということで・・・


↓是非ポチリ!↓
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 猫ブログへ

FC2もご協力お願いします☆
FC2banner

テーマ : 日記 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。