スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月16日のセミナーご報告

2015/08/17 (月)  カテゴリー/お知らせ

8/16(日)、江東区産業会館にて「ペットの最期をどのように迎えるか 
~動物病院スタッフと共に考えるご家族支援」
「獣医師・動物看護師のためのグリーフケア」の両セミナーを開催しました。
残暑の厳しい中、受講くださったみなさま、本当にありがとうございました。

いつも感じるのですが、HAACのセミナーには、「何かもっと飼い主さんのために
できることはないか」という共通の想いをもつ方々がいらしてくださるように思います。
忙しい業務の合間をぬって、さらに学ぼう!という姿勢に、いつも頭が下がる想いがします。

今回も、講義半分ワーク半分のワークショップ形式のセミナーでしたが、
みなさんそれぞれに学んだこと気づいたことなど、これからのお仕事のお役にたてて
いただければとても嬉しく思います。

150816_101700_convert_20150817221933.jpg

KIMG0028_convert_20150817222056.jpg

一部アンケートをご紹介します。

・Aさん(獣医師)
ターミナル期に役立つ傾聴を実行しようと思います。
また、「感情労働」という言葉を初めて知り、自分が感じている悩みやストレスを理解してもらえたように感じました。

・Bさん(獣医師)
老々介護が多い飼い主層の病院に勤務しているため、自分よりも飼い主のほうがターミナル期には詳しく、納得してもらえるような対応ができないことも多くて、せめて安心してもらえるようになれればと思い参加しました。

ターミナル期に役立つ傾聴について。ゼロポジションを保てるように、オーナーが言いたいことを全部話せるような雰囲気作りをがんばってみます。

本当に暑い中参加していただき、ありがとうございました。




スポンサーサイト

動物病院スタッフのためのストレスセミナー開催しました

2015/07/30 (木)  カテゴリー/お知らせ


先日「動物病院スタッフのためのストレスケア」セミナー、開催いたしました。
ほんとにほんとに暑い中、参加してくださった受講生の方、
ありがとうございました!

動物病院勤務と一言でいっても、獣医師、看護師、トリマー
院長、中堅獣医師看護師、新人獣医師看護師…と
様々な立場の方がいらっしゃいます。
共通のストレスあり、それぞれの立場特有のストレスあり
それを異なる環境でお仕事をする、違った立場の方と
話をすることで、
「あ~そうそう、同じようにかんじてるのね。」
「違う立場だとそう見えるんだ…」
という気づきが得られることがあります。


いつもとは違う視点を持つことができるのも
このセミナーの特徴だと思います。

セミナーに参加していただくことで、
動物病院で生き生きと働くことができるヒントを
お土産として持って帰っていただければいいなーと
思っています。

1437489177108.jpg
1437489165031.jpg

新セミナーシリーズ「獣医師・動物看護師のための死生学」

2015/06/01 (月)  カテゴリー/お知らせ

皆様、こんにちは。
梅雨前だというのに、夏が来たのかというお天気ですね

今回、新セミナーシリーズ「獣医師・動物看護師のための死生学」を企画しました。
動物病院では、「動物の死」と関わらざるをえません。
「最愛のペットを亡くした飼い主さんの悲しみに、どう言葉かけをしたらよいか
分からない…」
というお話をよく耳にします。
そんな飼い主さんに動物病院スタッフとして、寄り添いサポートすることは
飼い主さんにとって、とても大きな助けとなります。

実は飼い主さんだけでなく、かかわったスタッフとしても、
心を痛める方もいらっしゃると思います。

飼い主さんをサポートするために、スタッフとして抱えたグリーフをセルフケアするために
「死」ということに向き合うにはどうしたらよいのか、を学んでいただく
セミナー内容となっております。


●第1回目の講座では「ペットの安楽死」をテーマとし、その基準や特徴、問題についてお伝えします。
後半のグループワークでは安楽死を含め望ましい看取りとは何かについて、参加者全員で考えていきます。

●第2回目は、獣医師や看護師自身のグリーフに、どのように対処すればよいかを、グループワークを通して学びます。

自分自身のケアはもちろんのこと、スタッフ同士お互いにケアをするために役立てていただける講座です。


① 2015年7月20日(月・祝)14:00 ~16:30
  望ましい看取りとは  ~ペットの安楽死を考える~
   
     
     ・日本におけるペットの安楽死観
     ・安楽死の基準(人の場合)
     ・グループワーク : 望ましい看取りを考える


② 2015年8月16日(日)  14:00 ~16:30
  獣医師・動物看護師のためのグリーフケア ~スタッフが抱えるグリーフへの対処法~  


     ・グリーフの基礎知識
     ・獣医師 / 動物看護師が抱えるグリーフの対処法(意味の探究)
     ・グループワーク : 動物病院で経験した「死」について語る

となっております。
普段、面と向き合う機会がないような内容なので、この機会にご自身の「死生観」を
考えてみませんか?

セミナー詳細&お申し込みは以下のページからお願いいたします。
http://haac-edu.good.cx/

ほかにも
「動物病院スタッフのためのストレスケア」 7月20日(月・祝) 10:00~13:00

「ペットの最期をどのように迎えるか ~動物病院スタッフと共に考えるご家族支援」 8月16日(日) 10:00~13:00

も開催予定です。
お申込みお待ちしております。
 

2~3月にかけてのターミナル期セミナーシリーズ終了しました

2015/03/31 (火)  カテゴリー/お知らせ

皆さん、こんにちは。
初夏を思わせる日が続き、街中の桜が一気満開になり
きれいですね

今回、動物看護師統一認定機構ポイントセミナーが間もなく終了することもあり、
多くの方に参加していただきました。
参加していただいた皆様、ありがとうございました。

1427803308625.jpg

1427803261288.jpg


「シニア期からの犬のケア」は、講師が終始話をする内容ですが、
「ターミナル期のペットを介護するご家族への対応」
「動物看護師に期待されるご家族のメンタルケア」は、
半分の時間をワークショップ形式で行います。

皆さん、実際に参加されるまでは、
「ワークって苦手だな…」と思われるようなのですが、
参加された方のアンケートを拝見すると、
ワークの部分が特に印象に残られているようです。

ほかの方と話をすることで、
様々な価値観があることを知ることができますし、
自分自身に対して気づきを得ることができます。
最初は緊張するかもしれませんが、
この感覚は楽しいものです。

今後も、ワークを取り入れた、セミナーを開催する予定ですので、
是非この楽しみを味わいにいらしてください。

ワークについて、書いてくださった方を中心に
今回のアンケートを一部ご紹介いたします

・相手の立場に立って、聴くことの大切さがわかった  (S.Yさん)

・傾聴トレーニングを経験して、普段意識せずともやっていることの意味や効果を知って、
 より効果的に使いたいとおもいました。  (Y.Oさん)

・傾聴トレーニングをもっとやってみたいです。 (動物看護師さん)

・ワークシートを使ってのディスカッションはとても勉強になりました。 (S.Yさん)

皆様から頂戴したご意見をもとに、より充実したセミナーにしていきたいと
思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。


動物病院で働く人のための、人間関係を楽にする「ピア・カウンセリング」

2015/02/17 (火)  カテゴリー/お知らせ

毎日ストレスなく楽しく過ごしたい!’
これは誰もが持つ共通の思いではないでしょうか?
しかし、2014年に一躍注目された心理学者アルフレッド・アドラーが「あらゆる悩みは対人関係に行きつく」という言葉を遺しているように、価値観や考え方が異なる人が集まる社会生活において、人間関係の悩みを完全にゼロにするのは難しいかもしれません。

「ピア・カウンセリング」のピア(Peer)とは、『仲間・対等者』という意味です。自分と似た環境や立場の者同士、同じような経験や感情を共有する仲間同士で、日常生活のちょっとした相談事を気軽に話し合えるような関係作りを目指します。
参加者がお互いにカウンセラーの役割になり、「聴く」&「話す」を繰り返しながら、仲間どうしで悩みを共有する「ピア・カウンセリング」。
簡単な説明と共に、基本的な「傾聴スキル」をお伝えし、段階的に実際に体験していただきます。
実践的に参加者同士でスキルを磨きながら、漠然としていた考えが整理されたり、モヤモヤしていた気持ちがすっきりして建設的に物事を考えられるようになる傾聴の効果を、この機会に体感してみませんか?
人間関係をふんわり楽にするピア・カウンセリングを学び、ご自身のケアや、職場スタッフのメンタルヘルス対策にお役に立てください。動物病院内でスタッフ間の調整役、リーダー的な役割を担っている方にもおすすめです。

●内容●
1. ピア・カウンセリングとは何か?
2. ピア・カウンセリングのお約束
3. 簡単エクササイズ(基本スキル)
4. 傾聴スキルを身につけるステップ
5. 実践練習

●日時● 2015年3月6日(金)15:30~18:00
●対象● 動物病院勤務経験者&獣医師・動物看護師有資格者
●料金● 初回特別価格:4,500円(一般価格6,000円)
●場所● 東京都港区麻布十番会議室(詳しいアクセス方法はお申し込み後にお伝えします)

☆お申し込みはこちらのフォームからお願いします☆ 
→ https://ws.formzu.net/dist/S59588190/
HAAC (ハーク) URL: http://haac.good.cx/
☆お問い合わせはHAACの宮下まで( メール: hiroko@haac.good.cx )

続きを読む

セミナーご報告

2015/02/17 (火)  カテゴリー/お知らせ


「看取りのための死生学~ペットの安楽死を考える」「動物病院スタッフのためのストレスマネジメント」セミナーが2月11日に無事終了いたしました。

今回は少人数ということもあり、皆さん活発に意見交換されて
いらっしゃったのが印象的でした。
どちらかというと、まだ話したりない方が多かったようで、少し時間が足りなかったかもしれません。
「安楽死について」「ストレスについて」普段改めて
考えたり、ほかの方と意見交換する機会は少ないかと思います。
このような場で、ご自身の考えを言葉にしたり、
ほかの方の意見を聞くということは、改めて大切なことだと
思いました。

次回はもっとワークの時間を増やしたいと思います。

寒い中参加していただいた皆様、ありがとうございました。

KIMG0321_convert_20150217100545.jpg

KIMG0323_convert_20150217100322.jpg

新セミナーのご案内

2015/01/04 (日)  カテゴリー/お知らせ

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

このお正月は寒かったですね。
1日には、横浜でもめずらしく雪が降りました。
寒さに負けず、気持ちをあららに今年も
活動を開始したいと思います。

今年は動物病院スタッフとして働く方の
ストレスケアにも力を入れたいと考えております。
早速ですが、2月11日にストレスケアに関する2つのセミナーを
企画いたしました。

命に関わる仕事という性質上、集中力を求められる一方で
同時にほかのスタッフの動きや飼い主さんの気持ちに
気を配らなければならないという、
体も頭も心もフルに使わなければなりません。
これに加えて、動物の「死」に接する機会がが多い職場でもあり、
このことが、気づかぬうちにかなりの心理的負担に
なっていることがあります。

そこで、
ストレスをセルフケアし、より生き生きと仕事をすることが
できるように

「動物病院スタッフのためのストレスマネジメント」
詳細はコチラ↓をご覧ください
http://haac-edu.good.cx/haacedu-seminar-201502-01.html

「看取りのための死生学 ~ペットの安楽死を考える~」
詳細はコチラ↓をご覧ください
http://haac-edu.good.cx/haacedu-seminar-201502-02.html

という2セミナーを開催することにいたしました。
両セミナーとも2月11日(水・祝)開催です。
動物看護師統一認定機構認定ポイント対象セミナーとなっております。

詳細お申込みはこちらよりお願いいたします。
      ↓
http://haac-edu.good.cx/

みなさまのご参加お待ちしております
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。